元大手WEBマーケティング会社勤務のリスティング広告運用会社辛口比較サイト

リスティング比較サイト

リスティング広告運用委託のメリット・デメリット

リスティング広告運用委託のメリット・デメリット

リスティング広告の運用を自社で行うか、広告運用会社に任せるかどうかという課題は、どの企業にもついてまわります。 リスティング広告の運用を委託した際のメリットとデメリットを以下にまとめました。

リスティング広告運用会社でやるメリット

・細かい予算調整や設定などをすべて代行してもらえる

初期のアカウント構築や日々の更新作業など、リスティング広告を運用するうえでは欠かせないが面倒な作業を引き受けてもらうことが出来ます。
また、レポートを発行している会社も多いので任せっきりということにはならず、チェックをしながらリスティング広告を運用してもらうことが可能です。

 

・実績や経験に基づく運用をしてもらうことによって、ABテストなどの検証作業が最小限に抑えられる

リスティング運用会社は、数多くのクライアントのアカウントを運用しているため、社内にて一定の実績を有しています。これらで成功している事例を元に設定を行ってもらえるので、自社運用で試行錯誤していた問題も解消できるかもしれません。

 

・認定代理店であれば、特別なサービスを受けることも可能

各広告媒体が、認定代理店にのみ行っているようなキャンペーンやサービスが存在します。

また、認定代理店のみが持つ機能やシステムを利用している場合もあるので、リスティング広告の運用において有利な点があるのも事実です。

 

・リスティング広告のトレンドをキャッチしやすい

「餅は餅屋」という通りで、リスティング広告の運用に関しては運用会社がいち早く情報を持っている可能性が高いため、どのような手法が効果的かといった提案を受けやすくもなります。

リスティング広告運用会社でやることで発生するデメリット

・運用代理店手数料が存在する

当然ながら、運用会社に委託したときには手数料として予算のうちいくらかを支払うこととなります。

一般的に運用代理店の手数料は20%程度とされていますが、会社によって異なりますので各営業担当へ聞いてみるといいでしょう。

 

・ノウハウの貯蓄ができない

アカウントの構築からすべて任せてしまい、運用代理店の管轄の中での作業になるので、100%状況の透明化を図ることは至難の業です。

特に、設定の部分は運用会社より知らされないことが多いので、自社にノウハウが溜まらず、いざ自分たちでやるとなった場合に経験不足で失敗してしまうということも起こりえます。

 

・最低の予算金額が決まっている

リスティング広告運用代理店も設備や人材を投資して行うので、ある程度の予算を持つ企業でないと受け入れてもらえない可能性があります。

ほとんどの会社は最低の出稿料金を定めており、企業の商品によっては多すぎる額であることもしばしばです。

 

リスティング広告の運用を委託する際は、メリットとデメリットをしっかり見極め、『自社で将来どういった形の運用を望むか』という点を軸に決定してみるといいかもしれません。