元大手WEBマーケティング会社勤務のリスティング広告運用会社辛口比較サイト

リスティング比較サイト

リスティング広告の基本①:リスティング広告とは

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンにてキーワードを入力し検索した際に、検索結果に合わせて出てくる広告のことです。現在では検索結果にて[広告]と書かれているので判別しやすいかと思います。

検索エンジンごとにそれぞれ呼び方が異なり、Googleでは「Google AdWords」(グーグルアドワーズ)、Yahoo!ですと「Yahoo!JAPAN プロモーション広告」と呼ばれるものが該当します。 リスティング広告の特徴として検索キーワードに関連しているものを探している、いわゆる顕在層に向けてアプローチすることに長けています。そのためリスティング広告では基本的に検索結果と遜色が無いようなキーワードを選定し、出稿を始めます。

リスティング広告を始めるには

リスティング広告を始めるためには、まず各検索媒体でのアカウント開設をしなければなりません。今回取り上げるGoogle、Yahoo!両媒体によって手順が異なります。詳しくは各公式サイトをご確認ください。

アカウントはオンライン、もしくは電話より申し込みが可能で認証が必要な場合もあります。アカウントを申し込む際は、基本情報に誤りがないかをしっかり確認を取らないと後ほどの変更に大変手間がかかります。 リスティング広告のアカウント開設が完了すると、次は構築の作業へ移ります。

リスティング広告の構造

「アカウント」という大枠の中に各それぞれの「キャンペーン」が存在します。「キャンペーン」の中にはそれぞれ「広告グループ」があり、その中にリスティング広告出稿のキーワードや表示される広告文が格納されています。

「キャンペーン」では、リスティング広告を配信する地域やネットワークの設定や曜日・時間といったスケジュールの設定、リスティング広告予算の調整などが可能となっています。 ですので、リスティング広告を始める際には、どういった目的でどのようなターゲットへ配信するかを考え、それぞれの目的別に「キャンペーン」を作ることが重要となります。